• 文字サイズ

ASEAN進出支援

クライアントの
運命共同体として

私たちはプロフェッショナルマインドと、
成功もリスクもクライアントと共に分かち合う
“セイムボート”の精神で、クライアントの売上最大化に貢献します。

私たち営業部の方針と取り組み

営業部長 兼 営業企画部長 杉山 直人

ひとつひとつの積み重ねが成果を生む。
だから「ちゃんとやる」

営業部長 兼 営業企画部長

杉山 直人

トライステージは創業以来、ダイレクトマーケティング業界に特化した事業展開をしてきました。テレビ通販の媒体保有量ではシェアNo.1を維持しています。弊社の強みはあらゆる商品に対応する豊富な「番組枠」、商品の良さを伝える「クリエイティブ」、放送したレスポンスを成果につなげる「コールセンター」の3つです。さらに刻々と蓄積される膨大なデータをあらゆる角度で分析するデータベースも完備しています。
この環境の中で営業が心掛けているのは、「ちゃんとやる」こと。当たり前のことですが、ひとつひとつのステップを積み重ね、結果をきちんと分析して次に活かせば、必ず成果を出せるステージは整っているのです。刻まれる数字に真摯に向き合い成果につなげる。私たちは常に高い成果を追求していきます。

営業部 第6グループ 望月 暁代

どんなことも
いちばんに相談される存在でありたい

営業部 第6グループ

望月 暁代

営業として大きな経験をさせていただいたのは、ダイレクトマーケティングに初めてトライされるというクライアント様でした。未知の領域であるダイレクトマーケティングに安心して取り組んでいただけるよう心掛けたのは、すべてのステップをきちんと理解していただくこと。私自身が他業界から転職してダイレクトマーケティングに携わっているので、業界外の人が理解しづらいポイントを把握していたことが活かせました。
ダイレクトマーケティングは出稿した後のレスポンスを見ながら運用していくことが重要。そのための緻密なデータ分析は欠かせません。数字はうそをつかないと実感しているからこそ、きちんと向き合い積み上げていきたいと考えています。

営業部 第2グループ 江間 勇人

目指すは期待値を越える提案。
常に120%で取り組む

営業部 第2グループ

江間 勇人

担当したクライアント様からお叱りを受けた経験から、常に頭にあるのは「どうしたらお客さまがうれしいか」ということです。もちろん大きな成果が出ることが一番の喜びですが、ダイレクトマーケティングはお預かりする予算も大きなもの。それだけに、その企業ならでは・商品ならではのこだわりの部分も大切な要素だと考えています。
その要素をキャッチアップするためにはクライアント様を知ること。足繁く訪問したり、小さなことでも電話で直接お話しするといったコミュニケーションを重視しています。
トライステージの強みは、クライアント様の成果に貢献できるサービス構成と品質の高さ。クライアント様の商品の良さを最大限に引き出すご提案ができるよう、日々120%で取り組んでいます。

取締役 社長執行役員 妹尾 勲

クライアントの売上に
責任を持つために、
会社を創った

取締役 社長執行役員

妹尾 勲

私は大学卒業後、広告代理店で20年間広告営業に従事しましたが、途中から「クライアントの売上に責任を持つビジネスをしたい」という想いを強く持つようになりました。
当時の広告代理店の役割は、基本的に企業や商品の認知の向上です。必死に働いても、クライアントにとって一番重要な売上や利益に直接貢献することはできません。人生かけて働くわけですから、クライアントの本当のパートナーとして貢献できる仕事をしたいと思っていました。ダイレクトマーケティングに出会った時「貢献成果を数字で示すことが出来る」と気付き、この分野を究めることを決意しました。
ダイレクトマーケティングの発展のためにイノベーションは必要ですが、クライアントに寄り添い、その売上に一喜一憂する『本物のパートナーでありたい』想いは、これからも変わりません。