• 文字サイズ

IRニュース

  • 2019年10月15日

2020年2月期第2四半期報告書の提出期限延長に係る承認申請書提出のお知らせ

 

 

当社は、2019年10月15日開催の取締役会において、企業内容等の開示に関する内閣府令第17条の15の2第1項に規定する四半期報告書の提出期限延長に係る承認申請書を関東財務局へ提出することといたしましたので、下記のとおり、お知らせいたします。

 

 

1.対象となる四半期報告書

 2020年2月期第2四半期報告書(自 2019年6月1日 至 2019年8月31日)

 

2.延長前の提出期限

 2019年10月15日

 

3.延長が承認された場合の提出期限

 2019年11月15日

 

4.提出期限の延長を必要とする理由

 2019年9月30日公表の「当社元従業員による不正行為の発覚に関するお知らせ及び2020年2月期第2四半期決算発表の延期に関するお知らせ」にてお知らせしましたとおり、2019年8月上旬、業務委託先A社との打ち合わせの過程で、元従業員が2018年11月頃から不正な取引を行っていた可能性が発覚いたしました。当社は、社内調査及び本人へのヒアリング等により、2019年9月30日までの間に、元従業員がA社に対し元従業員が関与する会社に業務委託費の大半を支払う依頼を行い、間接的に金銭を着服していたことが概ね事実であることを確認しております。

 当社は、本件の全容解明及び同類の事案の有無について徹底的に調査するため、社内調査委員会を設置し、取引先にもご協力をいただきながら調査を実施しており、調査の完了までに一定の時間を要する見込みです。

また、監査法人においては、社内調査委員会による本件の全容解明及び調査報告をもって、他の不正行為による虚偽表示が存在しないかを確かめるための追加的な監査手続き等が必要であり、法令に定める提出期限までに監査法人による四半期レビュー報告書を受領できない見込みとなりました。

こうした状況から、四半期報告書の提出期限の延長申請をするものです。

 なお、調査結果によっては過年度有価証券報告書及び決算短信等の訂正並びにそれらに関する追加的な監査手続きを要しますが、延長が承認された場合の提出期限を遵守すべく、対処してまいります。

 

5.今後の見通し

提出期限延長に係る申請が承認された場合は、速やかに開示いたします。

 

以 上

この記事のPDFはこちら (111KB) pdf