• 文字サイズ

CSR

CSRに対する基本的な考え方

ダイレクトマーケティングで
今よりちょっと良い日本を

ダイレクトマーケティング(=通販)は、欲しい商品を電話やインターネットで注文して、自宅まで届けてもらえる、とても便利でユニバーサルなサービスです。

高齢化が進む社会において、ダイレクトマーケティングの必要性はますます高まっています。当社は、ダイレクトマーケティングを実施する事業者に対して的確な支援を実施することで、ダイレクトマーケティングの信頼性の向上と普及に努め、社会により付加価値の高いサービスを提供していくことを目指します。

ダイレクトマーケティングが皆さまにとってより身近なものになることで“今よりちょっといい日本” を実現するべく、取り組んでまいります。

ダイレクトマーケティングで今よりちょっと良い日本を

地域/社会貢献

日本ブランドの海外進出と地域振興を促進する
日本特産品促進協会(JASPO)後援しています

一般社団法人日本特産品促進協会は、会員企業と連携して日本および、海外の消費者に向けた直接販路の開拓に取り組み、国内・海外へ日本の製品・サービスの普及促進を進める団体です。当社は2014年12月の設立以来、取締役上席執行役員の鈴木雄太郎が理事長として参画し、当社のノウハウや実績を活かし、日本ブランドの海外展開ならびに地方創生を推進しています。

日本特産品促進協会(JASPO)

日本各地の特産品・名産品を販売する
「日本百貨店」を通じてモノづくりにこだわる
日本の生産者や職人を応援しています

日本百貨店は、”モノづくり”と”日本のスグレモノ”をテーマに、2010年12月に東京・上野御徒町にオープン。現在は国内で9店舗を展開しております。
日本のスグレモノを1点1点目利きによって仕入れながら、より広いマーケットに広める一助になるべく、事業を拡大しております。
店舗を生産者や職人、自治体と使い手の”出会いの場”として店舗内での実演販売・体験・ワークショップなども適時実施しております。

日本百貨店