• 文字サイズ

ASEAN進出支援

クライアントの
運命共同体として

私たちはプロフェッショナルマインドと、
成功もリスクもクライアントと共に分かち合う
“セイムボート”の精神で、クライアントの売上最大化に貢献します。

私たち営業部の方針と取り組み

営業部 上柳 友美

1つ1つの選択がレスポンスに直結する
責任の大きな仕事

営業部

上柳 友美

ご提案の際は、支援させていただく商品・サービスを徹底的に分析するのはもちろんですが、クライアントの視点に立ち、課題や将来像も含めて“誰よりもクライアントを理解する”よう心がけています。その上で、当社グループのノウハウをフル活用してレスポンスの拡大に繋げていきます。時には少し俯瞰した視点を持って、クライアントのニーズに合う様々なサービスをご提供しています。1つ1つの選択がレスポンスに直結する責任の大きな仕事ですが、目標とする指標をクリアしたときに、クライアントからの信頼が高まっていくのを感じます。私たちが「クライアントと消費者を結び付ける」という大切な役割を担っているのだ、という責任感と緊張感を大切に、これからもクライアントの課題解決に全力で取り組んでいきます。

取締役会長 妹尾 勲

クライアントの売上に
責任を持つために、
会社を創った

取締役会長

妹尾 勲

私は大学卒業後、広告代理店で20年間広告営業に従事しましたが、途中から「クライアントの売上に責任を持つビジネスをしたい」という想いを強く持つようになりました。
当時の広告代理店の役割は、基本的に企業や商品の認知の向上です。必死に働いても、クライアントにとって一番重要な売上や利益に直接貢献することはできません。人生かけて働くわけですから、クライアントの本当のパートナーとして貢献できる仕事をしたいと思っていました。ダイレクトマーケティングに出会った時「貢献成果を数字で示すことが出来る」と気付き、この分野を究めることを決意しました。
ダイレクトマーケティングの発展のためにイノベーションは必要ですが、クライアントに寄り添い、その売上に一喜一憂する『本物のパートナーでありたい』想いは、これからも変わりません。