• 文字サイズ

IRニュース

  • 2020年4月1日

業績予想の修正に関するお知らせ

 

最近の業績の動向を踏まえ、2019年11月15日に公表した2020年2月期通期の業績予想を下記のとおり修正いたします。

 

 

 

1.業績予想の修正について

 

2020年2月期通期連結業績予想数値の修正(2019年3月1日~2020年2月29日)

 

売上高

営業利益

経常利益

親会社株主に帰属する当期純利益

1株当たり 当期純利益

 

前回発表予想(A)

 

51,839

 

588

 

531

(百万円)

340

 

12円46銭

今回修正予想(B)

50,440

628

404

182

6円69銭

増減額(B-A)

△1,398

39

△127

△157

 

増減率(%)

△2.7

6.7

△24.1

△46.3

 

(ご参考)前期実績

(2019年2月期)

 

53,843

809

272

△992

△34円07銭

 

 

2020年2月期通期個別業績予想数値の修正(2019年3月1日~2020年2月29日)

 

 

売上高

営業利益

経常利益

当期純利益

1株当たり 当期純利益

 

前回発表予想(A)

 

26,000

 

825

 

934

(百万円)

558

 

20円43銭

今回修正予想(B)

24,779

956

1,059

247

9円05銭

増減額(B-A)

△1,220

131

124

△310

 

増減率(%)

△4.7

15.9

13.4

△55.7

 

(ご参考)前期実績

(2019年2月期)

29,292

1,009

923

△1,687

△57円96銭

 

 

 

2.修正の理由  

通期の連結業績について、売上高は、主にテレビ事業(個別業績)においてクライアントのメディア出稿意欲が見通しを下回ったことにより、計画を下回る見込みです。

利益面は、主にテレビ事業にて収益性が改善したこと、及び、コスト削減等により、営業利益では計画を上回る見込みです。

しかしながら、2020年3月3日付「持分法による投資損失(連結)及び関係会社株式評価損(個別)の計上に関するお知らせ」にて公表のとおり、持分法適用関連会社であるTV Direct Public Company Limitedの時価下落に伴い、同社に係るのれん相当額の一時償却148百万円を営業外費用に計上することにより、経常利益、及び、親会社株主に帰属する当期純利益は、計画を下回る見通しです。

個別業績では、同開示にて公表のとおり、同社に係る関係会社株式評価損336百万円を特別損失に計上いたします。

これに伴い、通期の業績予想を、上表のとおり修正いたします。

 

注.上記の予想数値は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。

 

 

3.配当及び株主優待について

2020年2月期期末の配当につきましては1株当たり7円を維持する方針です。また、株主優待につきましても変更の予定はございません。

 

 

以上

この記事のPDFはこちら (118KB) pdf